お役立ちコンテンツ

寮や社宅でペットは飼える? 犬、猫、うさぎは?

はじめての一人暮らし。ちょっと寂しい。

仕事から疲れて帰ってきて、なんだか人肌恋しい。

そんな時ふと考える事もあるのではないでしょうか。

「ペットを飼ってみようかな・・・?」

 

「寮」といえば、「ペット禁止」と諦めてしまいがちですが、実は近年、「ペット可」の寮も増えています。

諦めてしまう前に「ペット可の寮」を探す事、そして仕事をしながらでもきちんとお世話ができる「ペット」と出会う事を考えてみましょう。

 

■人気ペットは犬と猫どっちが人気?

ペットといえば、これまでは「犬」が主役でした。

犬の癒し効果は抜群な上に、休日に犬を連れて公園に出掛けたり、カフェに出掛けたりという生活に憧れることもあります。

しかしその反面、

・鳴き声がうるさい

・しつけが大変

・毎日の散歩が負担

と、かなり大変な部分も。

なかなか一人暮らし、仕事をしながらの飼育は難しい部分もあり、諦めモードに。。。

特に仕事をしている場合、帰宅時間が不規則になるケースも多分に考えられるため、散歩や餌の時間も気になってしまいます。

このような背景から最近では「犬」よりも「猫」の人気が高まってきており、東京においては、犬は1軒あたり1.23頭、猫は1.81頭飼われているという統計データも話題になりました。

※参考データ元(東京都福祉保健局)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kankyo/aigo/horeishiryou/siryou.files/23tyousa_gaiyou.pdf

 

■寮で猫を飼うときに注意したいこと

それでは実際に「ペット可」の寮生活や一人暮らしで、猫を飼うケースにおける注意点、事前に考えておかなければならない事を覚えておきましょう。

 

・猫の平均寿命は15年程です。

(将来の転職などを考え、終生責任をもって飼育出来るかを考える必要があります。)

・猫の飼育には、餌、トイレの砂といった消耗品代が月々3000円~5000円程かかります。

病気や予防注射、避妊去勢手術の費用も発生しますね。

・猫は壁やカーテンで爪を研ぐ習性があります。

・仕事で不在の間、サークルに入れるなどの安全策を講じておかないと、いたずらなど心配があることもあります。

これらの条件をきちんとクリア出来るか、猫を飼い始める前に考えておきましょう。

 

また、

・猫は病気予防、近隣とのトラブル回避のために完全室内飼育が必要

・猫のトイレのゴミは、自治体のルールにそってきちんと清掃する

・長期不在や旅行の際は、ペットホテルなどを利用し、適切に対応する

一緒に暮らしていく中でもこういった点も考えておかないといけないですね。

 

中でも一番の懸念事項は、「転職」の際です。

ペット可の寮がある企業ばかりではないため、場合によっては「ペット可賃貸」物件への転居が必要になることもあります。

この様な場合に困る事が無い様に、引っ越し資金を事前に用意しておくことも考えておきましょう。

 

■意外におすすめ「寮」で飼えるペット達

「寮」という環境や仕事をしながらのペットの世話を考えた場合、先述した通り実際にはなかなか簡単なものではありません。

でも、日々の仕事で疲れ、帰宅した際に自宅にペットがいてくれる事は、何よりの癒しになる事でしょう。

 

寮で飼えるペット 意外なおすすめ!

・比較的世話が楽な事

・鳴き声が小さい、もしくは鳴かない事

・飼育に掛かる費用が少ない

・寿命が5年未満程度

・転居後も継続して飼育が可能な事

をポイントに考えてみると良いかもしれません。

 

具体的には

・ハムスター

・うさぎ

・フェレット

・爬虫類

などです。

いずれも、専用のケージ内で飼育が可能な上に、食事の時間も融通が利きます。

これらのペットであれば、忙しい仕事の合間でもきちんとお世話がしやすいです。

 

■寮・社宅で飼えるペットまとめ

仕事とペットの両立はなかなか難しいものです。

でも、ペットの持つ癒し効果は仕事での疲れを一気に解消してくれる効果もあります。

今まで不安で飼えなかった方も、是非これらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

●ペットと一緒に住める寮・社宅がある求人をチェック
ペットが飼える寮社宅のお仕事

2018/12/13